INTERVIEW スタッフインタビュー
大原 龍太郎
Interview - 03

全ての行動に
責任をもって行動する

営業部 社員

大原 龍太郎

2020年 新卒入社

アップルハウスに入社を決めた理由を教えてください。

元々ベンチャー志望だったのですが、就職活動の中で不動産投資の営業が難しいということを知り興味を持ちました。
会社を調べていく中で、鈴木社長のお客様に対する考え方や業界を変えようとする価値観に魅力を感じたので入社を決めました。

入社して成長したと感じるところはどこですか?

責任感が身についたところです。
私達が扱っている投資用不動産は2,000万円~3,000万円と高額なため、まず第一にお客様から信用していただく必要があります。
そのためには、連絡を早く返す事はもちろんですが、文章の一語一句にまで注意を払って返信するように心がけています。
基礎的なことですが、全ての行動に責任をもって行動するという事については非常に成長したと感じています。

仕事をする上で大変だと感じるときは
どんなときですか?

不動産投資について初めて聞くお客様が多いので、丁寧に説明する事を心がけていますが、お客様によっては不動産投資にとてもネガティブなイメージをお持ちの方もいらっしゃるので、そういった方に不動産投資の魅力を正しく伝えきれなかった時には大変さを感じます。

上手くいかないときの解決方法を教えてください。

日頃から研修でお客様に上手に伝える方法やお客様との会話に秘められた意図などを詳しく教えて頂いているので非常に感謝しています。
それでも上手くいかない時には先輩や上司に相談をする事で解決しています。

仕事をする上で大切にしていることは
なんですか?

信用を失うことはしない。という事を大切にしています。
私達が扱っている投資用不動産は高額なので、お客様との信頼関係が非常に重要になります。
営業としては当然ですが、一社会人として信用を失うことは絶対にしないと決めています。

仕事のやりがいを感じる瞬間はどんな時ですか?

お客様に不動産投資の魅力を知っていただいた時にやりがいを感じます。
特に不動産投資にネガティブなイメージを持っている方が、お話を進めていくにつれて反応や表情が少しずつ変わっていくのを感じ、最後にはそういった方に「不動産投資良いかも」と言っていただけると喜びを感じます。

アップルハウスだから経験できたと思うことを教えてください。

1年目から責任を持って一人で商談に行かせてもらえる点がアップルハウスだから経験できた点だと思います。
もちろんお願いすれば上司が商談に同席してくれますが、早いうちから経験を積ませてもらえる環境で成長できたと感じています。

アップルハウスに入社してよかったと
感じるところを教えてください。

上司や先輩が優しく指導してくれるところです。
単に甘やかすわけではなく時にお叱りをいただくこともありますが、しっかりと指導していただける事で日々成長を感じています。
今でも質問した時には先輩がマンツーマンで教えてくださるので、非常に感謝しています。

印象深いお客様について教えてください!

初契約のお客様です。
先輩に同行していただいたのですが、お話を聞くとお客様は10社以上の不動産会社から説明を受けている方でした。
そんな方がその中で一番良い提案をしてくれたのがアップルハウスだったとおっしゃっていただき、購入していただけたことは非常に印象深いエピソードです。

今後の目標を教えてください!

商談から決済まで一人で完結させられるようになるのが目標です。
今は上司や先輩に助けて頂いている部分があるので、早く独り立ちしたいです。
将来的には投資用不動産を購入したいとも考えており、退職時に無借金の投資用不動産を5件所有する事を目標にしています。

目標は達成できそうですか?

現段階では難しいですが、先輩方からご指導いただいていることを実践していけば難しいことではないのでひとつひとつステップアップして目標達成します!
長期の目標は高く設定しているのでなかなか難しいかもしれませんが、目標の5件に近づけるよう、まずは1件所有したいと思います。

どんな人と一緒に働きたいですか?

ポジティブな人と一緒に働きたいです。
全て前向きに取り組んでくれる方であれば急成長できると思います。

最後に、就活生へのメッセージをお願いします。

営業職として活躍したいのであればアップルハウスが良いと思います。
販売するのが一番難しいと言われる投資用不動産を販売するだけの営業力を身につけられれば、あなたに売れないモノはない!
一緒に成長しましょう!!